シルクメビウス

16日に帰厩したもようです。

フェブラリーステークスに間に合うかどうかが微妙ですが、長いこと休んでいたので、出走できるだけでも楽しみです。

| | コメント (0)

シルクHC4歳出資馬の状況

シルクメガスター [父プリサイスエンド:母ホシノキンカ]
千葉県・千代田牧場で調整中です。パドック放牧とウォーキングマシンの運動40分行っています。牧場長は「この中間も特に変化はなく、引き続きウォーキングマシンで常歩運動を行っています。運動後の触診でも、熱っぽくなる事もありませんし、経過は順調です」と話しています。


もう少しすれば乗り運動開始でしょうか。


シルクバーニッシュ[父アドマイヤムーン:母ビービーバーニング]
北海道・坂東牧場で休養中です。ウォーキングマシンの運動を60分行っています。牧場スタッフは「歩様は問題無く、徐々に運動時間を延ばしています。近々騎乗運動を再開する予定です」と話しています。

ぼちぼち仕上げにかかってほしいところです。北海道で使ってある程度仕上がっている段階で使ってほしかったと思います。残念です。休養開けになるので、復帰戦は割引かな。

| | コメント (0)

シルクHC3歳出資馬の状況

クラウディオス  [父ネオユニヴァース:母オーバーザウォール]
坂路とCWコースでキャンターの調整で、9日に併せて時計を出すと、11日と14日にも追い切られています。荻野要騎手は「9日は追い切りに乗っていませんが、坂路では動く馬ではないので、時計はもう気にはしていません。この馬なりに徐々に時計も詰めてきているし、確実に成長しているのが分かるので、これから先がますます楽しみですね。馬場では、坂路と全く違う走りをする馬で、とても軽快に走っているし、実戦に行って良いタイプですね」と話し、調教師は「仕上げに入っていますが、状態も良さそうだし、このまましっかり競馬まで調整していけると思います。まだまだ奥の深い馬だし、先を見込んで今の内にしっかり基礎を作りながら、競馬を使って行こうと思います」と話しています。

復帰は来週となりました。自己条件に戻ってどれくらいやれるのか楽しみです。距離が延びるのは良いのではないかな。


キングスクルーザー[父クロフネ:母フィールドサンデー]
滋賀県・グリーンウッドトレーニングで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と周回コースでウォーミングアップした後、坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。牧場担当者は「特に心配になるところはありませんね。そろそろ15-15も入れて行きます」と話しています。

そろそろ使いまくってほしいところです。

| | コメント (0)

シルクHC3歳出資馬の状況

クラウディオス  [父ネオユニヴァース:母オーバーザウォール]
坂路コースでキャンターの調整で、28日に時計を出すと、3日には併せて追い切られています。調教師は「早速、坂路で調整を開始していますが、牧場でも休まずにしっかり乗り込んでいたので、とても元気一杯ですね。復帰戦は自己条件を使って行こうと思うので、次開催京都1週目・梅花賞を浜中騎手で予定しています。本当に良くなるのはまだまだ先だと思うけど、良くなって行くのが目に見えてわかる馬なので、楽しみですね」と話しています。
年内に戻ってきていたのに、次の開催まで使わないとは、期待されているということでしょうか。梅花賞は芝2400mなので、この馬には合いそうな気がします。
キングスクルーザー[父クロフネ:母フィールドサンデー]
滋賀県・グリーンウッドトレーニングで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と周回コースでウォーミングアップした後、坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。牧場担当者は「年末年始も休み無く乗り込んでいます。今のところ、特に心配はありません。キャンター中心のメニューですが、徐々にペースアップして行けると思います」と話しています。
少し時間はかかりそうか。そろそろ寒い時期でダート中心なんで使い込んでほしいところです。

| | コメント (0)

シルクHC4歳以上出資馬の状況

シルクドミニオン [父キングヘイロー:母ボヘミアグラス]
千葉県・千代田牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分×2回と、本馬場で常歩とダク4,000m、キャンター3,000m〜5,400mの調教をつけられています。牧場長は「だいぶ雰囲気が良くなってきました。粕谷調教師と打ち合わせを行い、年明けの東京か中京開催を目標に進めて行くことになりました」と話しています。

年明け目標なら、年内に帰厩もありそうです。成績はともかく、出走はしてほしいと思います。
 
 
リズミカルステップ[父キングヘイロー:母ビクトリーステップ]
30日に千葉県・千代田牧場へ放牧となると、ウォーキングマシンの運動40分、本馬場で常歩とダク4,000mとキャンター3,000m〜3,600mの調教をつけられています。牧場長は「多少、冬毛は伸びていますが、状態面は変わりありません。年明けの中京開催まで、約1ヶ月時間がありますし、長めを丹念に乗り込んで行きます」と話しています。

調子は悪くないと思うのですが、詰めて使えないのが痛いところです。
 
 
シルクメビウス  [父ステイゴールド:母チャンネルワン]
北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と、屋内周回コースと坂路コースを併用して、キャンター2,800m〜4,000mの調教をつけられています。牧場スタッフは「今週も坂路で3ハロン42秒の時計を出しました。痛い所が無くなり、具合が上がってきた証拠に、この馬本来の猛々しさが甦って来ました。そろそろ領家先生と、今後の打ち合わせをしなければいけませんね」と話しています。

いよいよ帰厩が近づいてきたようです。フェブラリーSまでに1回叩いて出走してほしい。

| | コメント (0)

«シルクHC3歳出資馬の状況